スズメバチの危険性|8月~10月は要注意!スズメバチ駆除を効果的に行うテクニック

スズメバチの危険性

蜂の巣

夏は危険度が高い?季節ごとで変わる蜂の危険度

蜂は集団で巣を作り、多くの虫と同じように活動期間は春から秋です。冬には巣の中の活動も止まり、女王蜂以外のほとんどの蜂は春を迎える前に息絶えます。冬から冬眠後の春先までは蜂被害は減少します。
活動期間の蜂は一番凶暴となる時期は蜂の種類によって異なります。どの蜂でも2ヶ月間ほど凶暴な時期がありますが、この時期は働き蜂が生まれる時期で巣がどんどん大きくなっていきます。繁殖がはじまる時期には女王蜂は外に出ることがなくなり、繁殖ピークを迎え巣を守るために女王蜂以外の蜂が強い攻撃性を出してきます。
夏の暑さが厳しい8~10月にはスズメバチが最も活動が激しくなり攻撃性が増す一番危険な時期を迎えます。8~10月スズメバチ駆除はできるだけ避けた方が無難です。

アナフィラキシーショックによる死亡事故もある

アナフィラキシーは耳にしたことがあっても詳しく知らないという人は少なくありません。アナフィラキシーは発症すると短い時間で身体全体にアレルギー症状が出てしまい、命に関わるような激しいアレルギー反応を引き起こします。
アレルギーの原因となる物質を「飲食」「接触」「吸引」などがきっかけとなり、蕎麦や牛乳などの食べ物や金属などの接触性のもの、花粉やダニなどの吸引性のものとさまざまなです。
日本ではアナフィラキシーショックによって死亡する人数が多い原因は蜂毒関係しており、放置していると体中に毒が回る危険性が高まります。症状が見られなくても、早めに病院へ受診しておくようにしましょう。

スズメバチに刺されないための対処法

スズメバチだけでなく、アシナガバチ、ミツバチなどの蜂は集団で生活しています。外敵から巣を守るために「防御のための攻撃性が発達」しています。
スズメバチに刺されないため対処法は「とにかく近づかないこと」です。気づかず巣に近づいてしまうと蜂が攻撃態勢になり周囲を飛び回り警戒行動に移ります。
警戒後歯をカチカチと鳴らして警告しますが、それでも立ち去らないと毒針で攻撃します。蜂の警告は無視してしまったら危険です。
日中は黒を攻撃する傾向があります。黒っぽい服装は身につけているときには注意が必要です。
香水や化粧水はスズメバチが仲間を呼ぶために出している警報フェロモンに似ているため、ニオイを勘違いしてくることもあります。

広告募集中